新着情報&ブログ

小顔矯正が初めての方に読んでほしい『7つ』のポイント

こんにちは

小顔 骨盤 専門サロン

アコルデ問屋町 江草です

先日は骨盤矯正についての説明をさせて頂きましたが

この記事では小顔矯正についてご説明していきます!

アコルデ問屋町の小顔矯正をご予約される方の多くは、

 

フェイスラインをスッキリさせたい!

エラを小さくしたい!

目をスッキリ大きくしたい!

たるみ・シワをリフトアップしたい!

 

と、いろんなお悩みを抱えてお越しいただきますが

私たちは日々、小顔矯正でお客様の理想にお顔へ近づくお手伝いをさせていただいています。

 

アコルデのWEBページに辿り着き

こちらのブログ記事を読まれている方にも上記のようなお悩みを持ち

 

  • ・小顔矯正に興味がある方
  • ・小顔矯正を受けることが初めての方
  • ・そもそも小顔矯正で解決できるのか
  • ・どこへ通えばいいかわからない

 

といった方、多いのではないでしょうか?

アコルデ問屋町では、小顔矯正で

どんなことをするのか?

どのような効果があるのか?

説明していきたいと思います。

 

小顔矯正ってそもそもなに?

小顔矯正もテレビやインスタグラムなどで見る機会が増えてきましたね。

カッサや手のひらで顔を強い力でこすったり、

押し付けたり、中には口へ指を入れて強い刺激を与えていったり

『矯正という位だから、直接骨の位置を動かすもの』

そんなイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか?

 

アコルデ問屋町で行っている小顔矯正は、

頭や首の周り、上半身についている筋肉や神経、関節に対して施術を行って

口の開け閉めに携わる筋肉や血流の滞りを解していき、

骨格だけでなく歪んでしまった筋肉の左右差や、

顎の状態を本来の正しい状態に戻していく骨格への施術も同時に行なう

小顔だから『お顔』だけでなく全身へ施術を行い

首から上を本来の正しい状態に戻していく施術のことです。

 

お顔の歪みとは?

『お顔のゆがみ』とは、

頭蓋骨を作っている骨(蝶形骨や側頭骨、下顎骨などなど約23個の集まり)自体の

ズレや顎関節の動きにくい状態のことも指しますが、

日々の立ち姿勢や座り姿勢、食事の際の噛み締める左右差などで

表情筋や頭を支えている筋力に左右差が生まれてしまい、

表情筋の左右差やが生じてしまう状態のことも指します。

 

お顔が歪む原因は?

なぜ、お顔がゆがんでしまうのでしょうか?

実は骨盤がゆがむ原因には、日々の生活や癖、筋肉の状態によって様々な原因があります。

日常生活における姿勢

お顔がゆがむ原因の1つ目は、骨盤の歪み同様に姿勢の崩れです。

例えば、

頬杖をつく方

下向きや猫背でのスマホやPCの操作が多い方

足を組む癖やデスクワークの姿勢が崩れている方

そんな方は首や背中、食いしばりの筋肉が凝り固まりやすく歪みやすくなります。

筋力低下・左右差

お顔がゆがむ原因の2つ目は筋力低下や左右差です。

食事の際に片方の奥歯ばかり使って噛んでしまう方、

お仕事中や睡眠中に食いしばりや歯ぎしりをする方

笑顔などの表情を作る、『表情筋』といったお顔の筋肉の癖に崩れが生じてしまうため、

段々と積み重なるとお顔が歪んできてしまいます。

骨や噛み合わせの悪さによる根本的なもの

原因の3つ目は、骨格自体の歪みや左右差です。

ごく稀にですが、

骨自体が左右または前後にずれている、もしくは噛み合わせが悪いことが原因でお顔が歪んでいる人もいらっしゃいます。

そうなってしまう原因は遺伝的なものだったり永久歯の欠如、虫歯やインプラントによる治療

その他、先天性の場合が多いと言われています。

 

 

お顔が大きく見える原因とは?

お顔が大きく見える原因は、

実は1つではありません。

生まれ持った骨格など以外でも、顔が大きく見えることがあります。

そんな顔が大きく見えてしまう原因は主に4つあります。

むくみ顔

全身の水分代謝が滞ってしまい、お顔全体がむくんでしまっている状態

飲酒や甘いスイーツ、塩分の摂り過ぎ運動不足など食生活や日常生活が原因の場合もあります。

お悩みの中でも比較的、大勢の方が気にされている状態ですが

筋肉や骨格の変化ではないのでお顔が小さくなっていくのに時間はかかりません!

丸顔

ほほ(ほっぺた)周辺の筋肉の衰えや脂肪が発達している状態

ほおの周りの余白が気になっている方、多いのではないでしょうか?

この長いコロナ禍でのマスク生活のなか、人と会う機会が減り会話はほとんどSNSという状況が続き

表情筋を始め顔の下半分の筋肉を使わずに過ごすことになってきています。

筋肉は衰えたるんでいき、結果、顔が大きくなってしまいまうんです。

エラはり顔

日常生活での食いしばりや、夜寝ている時の歯軋りでアゴを食いしばる筋肉(咬筋)が発達している状態

ストレスを感じやすかったり集中して作業すると、グッと食いしばってしまうと

衰えてしまう丸顔の方とは逆に、筋肉がどんどん発達してしまってアゴのフェイスラインが張ってしまっている方

二重アゴ

肥満による脂肪がついてしまっている状態、ストレートネックや猫背で二重アゴにしてしまっている状態

脂肪がしっかりついていると、食事管理や運動などダイエットやシェイプアップも必要になってきますが

そもそも姿勢が崩れてしまって、二重アゴ状態になってしまっている方もいらっしゃいます。

そういった方は、姿勢から整えてアゴの周りをスッキリとさせていきます!

 

姿勢が歪むと『顔』が大きくなる??

骨盤矯正の説明でもご説明している内容ですが

お顔も身体の一部です、そんな身体の一番上に乗っている『頭』と『お顔』

姿勢が歪み、筋力のバランスに左右差が現れて骨盤が歪んでしまうと…

●表情筋や咀嚼筋のバランスに左右差が現れて、お顔のパーツやフェイスラインの左右差

●首や肩の筋肉の硬くなり自律神経が乱れて、血流不足からむくみや肌質の悪化

などなど、お顔の悩みの原因にもなってしまいます。

なのでアコルデ問屋町では、小顔矯正でお越しいただいたお客様にも骨盤の状態のチェックと施術をしているんです。

 

アコルデ問屋町の小顔矯正って何をするの?

『矯正』と聞くと

●首を捻ってバキボキ関節を鳴らされる

●無理やり強く押して圧迫していく施術

●器具や装具を使って身体の歪みを動かしていく施術

●口の中に指を入れて、痛みを感じるくらい動かしていく施術

このようなイメージを持たれている方もいらっしゃいますが…

アコルデ問屋町では、そんな

『痛そう』

『瞬間的』

『無理やり』

な施術は、一切おこないません。

アコルデ問屋町で行っている小顔矯正は、

お顔の筋肉や筋膜、そしてとても少ない刺激で骨格へ

え?これでいいの?ってくらい優しい施術をしていきます。

 

アコルデ問屋町の小顔矯正って痛い?

人間の身体は痛みを感じてしまうと、自分を守るために筋肉がギュッと硬くなってしまうんですよね。

筋肉に力が入ると文字通り身体が固まってしまい血液の流れも滞ってしまいます。

そうなってしまうと、正しく整えにくくなってしまいます。

 

なのでアコルデ問屋町の矯正は、痛みを感じにくい優しい施術で整えていくのが特徴です。

しかし小顔矯正の施術は、お顔を押さえる施術です。

その施術の時に刺激に敏感な方の中には痛みを感じられる場合もあります。

 

痛み刺激を感じる感覚には、個人差があるので、

Aさんの施術では、気持ちが良いとおっしゃっていただいたけれど

Bさんの施術で同じくらいの力で施術をしたのにも関わらず

「押さえられたところが少し痛いです…」と

もし少しでも痛みを感じてしまった際には、遠慮なく伝えていただいています。

お客様それぞれに合った適切な力加減まで調節します。

 

 

 

アコルデ問屋町の小顔矯正は効果が長続き!

施術中に眠ってしまう方もいらっしゃるくらい優しい刺激で行い

元々、人が持っている身体本来の状態に整えていく施術です。

ですので効果を最大限に感じやすく、効果が長続きしやすいのが特徴です。

瞬間的だけ感じる効果ではなく、ずっと素敵な状態を保てるように

お客様の状態をしっかりと把握し、適切な施術をさせていただきます。

気になった方は、スタッフ全員が専門家のアコルデ問屋町に、まずご相談ください!

お客様の状態を見てそれぞれにぴったりの施術をお伝えしてます。

ご予約お待ちしています。

 

この記事を書いた人

  • エアロビクスやピラティス、ヨガの指導を行う。さらに痛みや不調をもっと改善したいと思い整体など様々なセミナーに参加し勉強。さらに鍼灸師の資格を取得し、美容鍼灸に目覚める。美容鍼灸×小顔矯正をしたいと考え、歯科医と理学療法士が顎関節症治療のために作られ発展した小顔矯正を学ぶ。今までの知識を元にさらにバージョンアップ、アコルデ式小顔矯正が完成する。現在は全国のサロン、整骨院、中国(上海、北京など)に150人以上の生徒が活躍する。

ACORDEへのアクセス

  • お車でお越しの方

    国道2号線から国道180号経由10分
    中国銀行・ハピーズの間の道を西に進み、100メートル左側にBOOTHHAUSビル(黒い建物)2.3階です。

    徒歩でお越しの方

    問屋町テラス 徒歩2分

    駐車場

    店舗前に駐車場がございます。満車時は、お近くのコインパーキングをご利用ください。

トップへ戻る